メルカリ出品。持っておきたいお役立ち、三種の神器

メルカリに会員登録し、何度か商品を『購入』してみると、メルカリのオトク感を実感するようになり、『何か買うときは、まずメルカリを見よう』と、思うようになります。

また、それだけでなく、出品者とのやりとりを通じて、『モノを大切に思う心』『譲り合い』や『おもいやり』といった、『心のふれあい』をしている自分に気づき、メルカリのさらなる楽しさを体感できるようになります。

すると、次第に『自分も出品してみようかな』と思い始めるようになります。

がしかし、『売れた後はどうしたらいいんだろう』『自分は初めてだから、手間取ったりしたら、購入者に失礼になるんじゃないか』

そう考えていくと、『私に出品は、ちょっと、むつかしそうだな』と敷居が高いように感じ、なかなか一歩が踏み出せずに、時が過ぎているのではないでしょうか。

『出品』をしてみたいとは思っているけれど、『なかなか出品までこぎつけることができない』というあなたに、今回は、メルカリ出品者が必ず使っている3つの道具、『三種の神器』をご紹介いたします。

これさえそろえていれば、あなたも出品がスムーズに、簡単にできますよ!

メジャー

『メルカリ出品者』が、必ず持っているのが『メジャー』です。

なぜならば、メルカリで出品する際には、その品物が『どのくらいの大きさ』なのか、把握する必要があるからです。

商品紹介文にサイズを書くと、売れやすい

例えば商品紹介文に『大きめサイズです』と書かれていても、それが何を基準に、どのくらいの大きさと感じるかは、人それぞれの感覚によります。

このため、品物が具体的に『何センチ』なのかを測定するため、『売れるメルカリ出品者』は常に『メジャー』を常備しています。

そして購入を検討している人たちに、『このくらいの大きさですよ』とわかりやすくお伝えするために、 商品紹介文に『縦〇cm、横〇cmです』といったサイズを書きます。

そういえば、自分がお買い物をしているときに、どのくらいの大きさなのかが明確にわかるものと、よくわからないものとでは、どちらを購入するでしょうか。

メジャーは、ダイソーなどの100円ショップで、購入することができますので、『売れやすい出品者』になるためにも、ひとつ用意しておきたいところです。

『赤字』を、あらかじめ防止できる

メジャーは『送料』を調べるときにも使います。

『これを出品したいな』と思ったら、『出品する前』に、あらかじめ送料がいくらかかるのかを、把握しておく必要があるからです。

例えば、出品を初めてする場合の失敗例として、よくあるのが『送料がかかったので赤字になった』とういものです。

『300円』で出品し、売れた後に送料を調べたら『600円』かかると判明し、
300円-メルカリ手数料30円-送料600円=『330円の赤字』というようなことがあるのです。

『損をしないメルカリ出品者』は、出品前に梱包方法を決めて、メジャーでサイズをはかり、最適な発送方法と送料を把握します。

そして、自分に利益の出る価格を設定するのです。


デジタルスケール(はかり)

メルカリに出品する商品が、梱包後どのくらいの『重さ』になるのかを、あらかじめ把握することは、出品者にとって、とても大切なことです。

『重さ』で、送料が決まる

『荷物の送料』は、『サイズ』と『重さ』と『場所』によって、基本的には決まります。

重さを把握しないまま、発送窓口へ持ち込むと、つぎのようなことになる可能性があります。

  • 重量オーバーで、発送を受付けてもらえない。
  • 窓口で送料を告げられて、はじめてその金額を知ることになる。例えば、売れた金額が『300円』なのに、送料が『600円です』となると『赤字』になってしまいます。

こういったことを、あらかじめ防ぐためにも、荷物の重さをはかることのできるスケールはひとつ用意しておきましょう。

本や洋服、小物などの出品が主なかたは、1kgまでを測れるスケールを持っておくと安心できますよ。

ベストセラー1位
タニタ デジタルスケール 1kg

スケールは、ほかに『3kg』『5kg』対応のものもありますので、1kgを超えるような出品をされるかたは、合わせて用意しておくと、より安心して出品作業を進めることができます。

厚さ測定スケール

メルカリ出品者にとって、とても心強い発送方法をここでご紹介します。

送料が安く、さらにメルカリサポートがついている『ゆうゆうメルカリ便』と『らくらくメルカリ便』です。

そして、このメルカリ便を利用するために、あらかじめ持っておくととても安心できるのが『厚さ測定スケール』なのです。

大切なのは厚さ。『2.5cm』以内は、宅急便レベルの翌日配達

本や洋服、小物などを出品する際に、2.5cm以内の厚さで梱包できると、ヤマト運輸が配達する『らくらくメルカリ便』を、全国一律195円(税込)で利用できます。 (A4サイズ/厚さ2.5cm以内/ 重さ1kg以内 )


らくらくメルカリ便の素晴らしいところは、配送スピードの速さです。

ヤマト運輸の『ネコポス』という、宅急便レベルの翌日配達で、ポストに届けてくれます。

また、らくらくメルカリ便には、『追跡サービス』と『メルカリのサポート』がついていますので、発送後は『届かなかったらどうしよう』などの心配をする必要がありません。

『3cm以内』なのに最安値。追跡とメルカリサポートでさらに安心。

厚さが3cm以内であれば、日本郵便が配達する、ゆうゆうメルカリ便の『ゆうパケット』を利用できます。 (A4サイズ/厚さ3cm以内/重さ1kg以内)

ゆうパケットは、なんといってもメルカリ便の小型最安値。
全国一律、送料175円(税込)で配送することができるのです。

このため、購入者がどこに住んでいるのか、どこに届けることになるのかを、全く気にする必要はありません。

誰が購入しても、送料は175円。

だから、出品する価格を決める際も、送料の計算で悩む必要がなく、とてもラクな気持ちで計算ができます。

あらかじめ、このように自分で荷物の厚さを測っておくと、『発送窓口で受付を断られる』といったトラブルを未然に防ぐことができます。

自分のためにも、『厚さ測定スケール』は、ぜひひとつ持っておきたいところです。

ダイソーの店頭では、梱包資材のコーナーに、このようなスケールが並びはじめました。お求めやすい100円(税別)です。

だから安心。これ1冊で『出品』がわかる。

出品や発送に、不安や迷いのあるかたは、こういうセットが本屋さんで販売されています 。

メルカリ発送らくらくセット


わたしはメルカリ初心者のころ『厚さ測定スケール』を持っておらず、郵便局の窓口で『3cmギリギリなので、受付けできずに返送されてくるかもしれませんよ』と何度も言われました。

購入者のもとに配達してもらえるのか、それとも、自分に戻ってくるのか、数日間モヤモヤした日々を過ごすのは、自業自得でしたが、とてもストレスを感じたものでした。

『メルカリ発送らくらくセット』には、このような採寸表もついています。

洋服を出品すると、購入希望者からコメントで『着丈を教えてください』とか、『身幅がどうのこうの』といった質問をされる場合があります。

この採寸表が手元にあると『それって、どこのことなんだろう?』と悩まなくてよいので、とてもラクです。

もちろん、『送料早見表』もついています。

わたしも出品初心者のころは、なにがなんだか、わかりませんでしたが、このような早見表が手元にあることで、自分がどういう発送をしようとしているのかが、わかるようになりました。

荷物が『厚さ3cm』や『重さ1kg』を超えますと、『レターパックプラス』『宅急便コンパクト』といった、新たな選択肢になってきます。

そのあたりのことも、すべて早見表にまとめられていますので、 『メルカリ発送らくらくセット』 がひとつあると、とても便利です。


それではまた!

今日もみなさまにとって
楽しい、出品びよりでありますように