メルカリで出品した本を、購入者に喜んでもらえる梱包方法



メルカリで本を出品したいけれど、『どういうふうに梱包すればいいのかな』と迷ったことはありませんか?

出品者と購入者の間で、よくあるトラブルとして、『買った商品は問題なかったんだけど、梱包がね・・・』というのがあります。

出品者が『これがふつう』だと思った梱包も、購入者によっては、『ふつうじゃない』という印象をもつこともしばしばあるようです。

そこで今回は、誰もが好印象を感じる『本の梱包方法』をご紹介いたします。


梱包手順

『嫌われる勇気』 本のサイズ18.6cm×13cm×1.8cm


梱包前に傷や汚れなどがないか、本の中と外観を、もう一度検品しておくと安心です。

本をOPP袋に入れる


本を、水濡れ防止の袋へ入れます。
基本的には、お手持ちのビニール袋で問題ありません。

しかし、ここでパリッとしたOPP袋へ入れると、『中古本』が、まるで『新品』のように見えます。

好印象の梱包をしたい場合は、『OPP袋』を使うとよいでしょう。

OPP袋はダイソーなどの100円ショップで購入できます。

厚紙を用意する

つぎに、本よりもやや大きめのダンボールか、厚紙を用意します。

厚紙と一緒に梱包することで、配送時の『本の折れ』を防ぐことができます。


『ぷちぷち』に入れる

次に、『ぷちぷち』で包みます。

自分がネットでお買い物をした際の『ぷちぷち』を、捨てずに保管しておくと再利用でき『ぷちぷち代』も節約できます。

『ぷちぷち』がお手元にない場合は、ダイソーなどの100円ショップで購入できます。

こちらの記事で、詳しぐご説明していますので、合わせて読んでみてくださいね。

あると安心。100円ショップでそろう、3つの梱包資材
メルカリで出品した品物が売れた際、うれしいのだけれど『梱包はどうしようかな』と迷ったことはありませんか?そこで今回は、100円ショップ『ダイソー』で買える、『あると安心できる、3つの梱包資材』をご紹介いたします。布...

洗濯ばさみで仮止めをする

ここからは、『ぷちぷち』に封をしていきます。

折り曲げたところをあらかじめ、洗濯ばさみで仮止めしておくと、このあとの作業がスムーズにできます。

テープでとめる

テープで止めます。
色がついていて、はがしやすいので、ここではマスキングテープを使っています。

白いのがマスキングテープです

マスキングテープがない場合は、ご自宅にあるセロテープでも大丈夫です。

テープの先を曲げる

テープの先は、購入者が『はがしやすい』ように、1~2cm程度、曲げます。

ウラから見たところ

このとき、『←』の部分へ『ココからどうぞ』と油性ペンで書いておくと、
目にとまりやすく『ココから開けるんだな』と気づいてもらえるでしょう。


封筒を補強する

つぎに、封筒を用意します。

封筒は、接着部分が配送途中で、破れるかもしれないので、幅の広いテープで補強します。

ここでは、透明テープを使っています。
スッキリとした印象の封筒に仕上がりました。

もちろん、ふつうのガムテープでも大丈夫です。

テープの切り口は、ハサミなどで切って整えておくと、『丁寧な梱包をしてもらえた』と、相手に印象づけることができます。

封筒に入れる

封筒に本を入れて、幅広のテープなどで封をすると、梱包は終了です。

そして最後に荷物の『厚み』を測定しておきましょう。

スケールを準備する

今回の本は『ゆうゆうメルカリ便』で発送する予定です。
そのため『厚さ』は『3cm以内』であることが条件になります。

このスケールは、『メルカリ発送らくらくセット』の付録についていたものです。

このようなスケールを、ひとつ持っていれば、あらかじめ荷物の厚さを自分で測ってから発送できます。

せっかく持ち込んだ荷物を、郵便局の窓口などで『3cmを超えているので、受付できません』と断られることが少なくなります。

スケールで『厚さ』をはかる

スケールへ、このように入れ、引っかからずに通ればOKです。

ゆうゆうメルカリ便は、コンビニや郵便局から発送しますが、厚さが『3cm』を超えると、購入者へ発送されずに、差出人である『自分』へ返送されてしまいます。

そうなると、厚さが『3cm』になるよう、再度包みなおすことになります。

時間のロスや、自分への負荷を防ぐためにも、荷物の『厚さ』は『発送前』に必ず自分でチェックしておきたいところです。

中に何が入っているかを書く

本を梱包しますと、このなかに『何が入っているのかわからない』状態になります。

このため、あらかじめ封筒の下のほうへ、品物名や購入者名などを書いておくとよいでしょう。

この写真では、マスキングテープの上に書いています。

しかし、このテープが封筒からはがれ落ちてしまうと、『誰へ送る荷物』なのかが、わからなくなってしまいます。

メモは封筒へ直接、小さな文字などで書いておくことをオススメいたします。

最後に

この本の購入者からは『梱包が丁寧で、とても感動しました!ありがとうございました。』という評価をいただきました。

出品から受け取りまでの短い間でしたが、気持ちの良いお取引ができ、わたしもとてもうれしい気持ちになりました。

『どんな梱包をしたらいいかな?』と考えておられる皆さまの参考になると幸いです。